老化防止ナビ TOP → 老化防止と食事 ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEを多く含む食材の中でも、くるみに含有されている量は特に豊富だと言われています。アーモンドなどにも多いですし、木の実や豆類以外ではイクラやイワシ、蒲焼にしたウナギなどにも多く含まれています。意外と見逃しがちになるビタミンですので、時々は意識して摂取する必要があるかもしれません。とはいえ、不規則な食生活を送っていない限り、欠乏してしまうことはそうそうないでしょう。

ビタミンEは体に発生した活性酸素から、体を保護してくれる作用を持ちます。活性酸素のために体の細胞が変化し、これが老化に繋がってしまうこともあるため、ビタミンEが不足すると老化も早まってしまうというわけです。またガンや心筋梗塞などに対しても予防効果を持っているため、生活習慣病を気にする方には摂取をオススメします。他にも血行を良くしてくれますので、肩こりなどにも効果があるでしょう。

ただしビタミンEは脂溶性ビタミンという、いわゆる脂に溶けやすく体に残留しやすいビタミンですので、過剰摂取しないよう気をつけなければなりません。ビタミンEを過剰摂取してしまうことによる過剰障害というのは特に報告されていませんが、それでも体内に余分な量が残留するのは避けたほうが良いのです。とはいえ欠乏すると不妊症や脳軟化症などを引き起こす可能性も出てくるので、適度な摂取は必要です。

ビタミンEが不足してしまうと、体の老化は大いに早まってしまうため、不足しないよう心がける必要があるでしょう。


老化防止と食事



ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン