老化防止ナビ TOP → 老化防止とサプリメント ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは別名「アスコルビン酸」と呼ばれており、過剰摂取による害もほとんどなく、サプリメントや化粧水に最もよく配合される、人気のビタミンです。ビタミンCに過剰摂取の害がほとんど無いというのは、ビタミンCが水溶性ビタミンであるためで、この水溶性ビタミンは多く摂取しても尿・汗などと共に体外へ排出してくれるからなのです。摂取にリスクの心配が少ないというのは、嬉しいことです。

ビタミンCが老化防止に役立つとされる大きな要因として、コラーゲンとの相性が良いという事実が挙げられます。コラーゲンはお肌に潤いを与え、また若々しく保つために必要なものです。このコラーゲンの生成を助けるのがビタミンCで、ビタミンCが不足すればコラーゲンも不足してしまうことになります。また同時にコラーゲンのサプリメントを摂取するのも、効率的だと言えるでしょう。

またビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンですので、先に述べたように過剰摂取のリスクは非常に少ないものです。しかしビタミンCは酸性の性質をもっており、その酸性の性質が胃腸を攻撃し、お腹を下しやすくなってしまうことがあります。ビタミンCを摂取することによる栄養障害などは起こらないにせよ、お腹を下しては抵抗力も下がって体調を崩しかねないので、リスクが低いとはいえ過剰摂取は控えるべきです。

ビタミンCは一回で大量摂取しても必要ない分は体外に排出されてしまいますので、一日で何回かに分けて摂取するのが良いです。


老化防止とサプリメント



ランタス 使い方
ランタスの使い方なら医療関係者向けの製品情報サイトで!